会社への在籍確認は電話でなけれればならないという決まりは無い

金融業者へカードローンの申込みをすると、勤務先へ本当に務めているか確認するために在籍確認電話を入れることになります。

銀行カードローンについては、原則として勤務先への在籍確認電話を行うことになっており、実際に銀行名を名乗るので大した問題になりません。会社へキャッシングがバレないように注意が必要となるのは、信販会社や消費者金融へキャッシング申込を行った場合となります。

信販会社は原則として電話連絡による勤務先への在籍確認を行いますが、どうしても電話連絡を避けたい場合ならば、消費者金融を選択すると良いです。

消費者金融の中には、会社名入りの健康保険証を提示することで在籍確認電話無しのまま審査を進めてくれる所があります。なぜなら、勤務先への在籍確認はあくまでも現在勤務しているかどうかの確認であって、必ずしも電話連絡でなければならないという法律上の規定が無いからです。

社会保険への強制加入事業者では、健康保険証に会社名と被保険者名が記載されていて、会社を退社するとすぐに返却しなければなりません。カードローンの申込時に会社名入りの健康保険証を持っていれば、少なくとも社会保険への加入を確認出来るので翌月の給与振込はあると考えられます。

参考記事:在籍確認なしでお金を借りたい